簿記二級の独学勉強法

2018年3月21日

2017年6月の146回試験で簿記二級に合格しました!独学で一発合格でした。
点数は72点でギリギリでしたが…合格は合格です!
というわけで、どのように勉強したのか書いていきます。

スポンサードリンク



■勉強の流れ

①3級の復習
・かかった時間⇒約2週間
・使用したテキスト
* みんなが欲しかった簿記の教科書 日商3級商業簿記

簿記3級を取得したのが10年前であったため、まずは簿記について思い出すために3級のテキストを読むことから始めました。10年前とはいえ読んでいくと内容を思い出すもので、詰まることなくさらっと読めてしまいました。貸借対照表や損益計算書を作成する問題演習は2級でさらに難しい問題を解くことになるので飛ばしました。

 

②2級のテキストで勉強
・かかった時間⇒商簿、工簿あわせて約6週間
・使用したテキスト
* みんなが欲しかった簿記の教科書 日商2級商業簿記
* みんなが欲しかった簿記の教科書 日商2級工業簿記
* パブロフくんが日商簿記2級、3級を目指すブログ

次は2級のテキストです。私は商簿⇒工簿の順番で勉強しました。テキストを読んで章末の問題を解いていきます。3級と比べて内容が複雑で範囲も広く時間がかかりました。さらにこの時期に結婚式の準備で勉強時間が取れないことがあり、細切れでの勉強となってしまったことは失敗でした。10分20分でもいいから簿記に触れる時間を毎日とるべきですね。簿記に触れる時間がないと次に簿記の勉強をしようとするときに億劫になってなかなか手を付けられなくなってしまうので。。。

パブロフくんのブログについては、私にとってまさに救いの神となりました。簿記の教科書で工業簿記の標準原価計算を勉強したときに「こんなの計算式を丸暗記するなんて無理だ…これは積んだわ…」と絶望しかけた時、わらにもすがる思いでわかりやすい解き方を解説してくれてる人はいないかとネット検索したところ、このブログがひっかかりました。そこで教えてもらった下書き(自分でどのように手を動かせばいいか)を使って標準原価計算の問題をやってみると、面白いほど簡単に解けてしまいました。パブロフ簿記の凄さを知った私はパブロフくんの問題集を買いに走ったのでした。

 

③2級の問題演習
・かかった時間⇒商簿、工簿あわせて約3週間
・使用した本
* パブロフ流でみんな合格 日商簿記2級商業簿記総仕上げ問題集
* パブロフ流でみんな合格 日商簿記2級工業簿記総仕上げ問題集
* みんなが欲しかった簿記の問題集 日商2級商業簿記(ほとんど使用してない…)
* みんなが欲しかった簿記の問題集 日商2級商業簿記(ほとんど使用してない…)

パブロフ流2冊を商簿⇒工簿の順番に解いていきました。わかってはいましたが、問題演習の頃にはテキストで覚えたことをすっかり忘れてしまって全く問題を解けませんでした…。なので答えを見ながら解いて、次に何も見ないで自力で解く、というやり方をして時間をかけて解き方を覚えていきました。しかしテキストで出てくる問題の解き方を完璧に覚えていたとしてもテキストの問題は基本的な問題なので試験問題に合わせた問題集が解けるとは限らない気がしていまして。最初問題集が解けなくても大丈夫です。問題集をこなす中で試験を解くことができる力が身についてきます。
簿記の問題集は簿記の教科書シリーズと共に最初に買ってしまったのですが、その後にパブロフ簿記を知ってすぐにパブロフの問題集を買って移行したためほとんど使用しませんでした…。両者を比べてみると解説はパブロフのほうが丁寧でわかりやすいです。下書きの描き方を書いてくれているので答えの導き方まで教えてくれてとても助かりました。簿記の問題集だけだと解説が乏しくて厳しかっただろうなと思います…。

 

④2級の模擬試験
・かかった時間⇒11日
・使用した本
以下の問題集についてきた模擬試験、計10回分。
* みんなが欲しかった簿記の問題集 日商2級商業簿記
* みんなが欲しかった簿記の問題集 日商2級商業簿記
* パブロフ流でみんな合格 日商簿記2級商業簿記総仕上げ問題集
* パブロフ流でみんな合格 日商簿記2級工業簿記総仕上げ問題集

過去問は一切やっていません。私が受けたころの簿記2級は試験範囲の追加や削除が毎回少しずつ行われていて過去問はあまり参考にならないと言われていたのでやりませんでした。模擬試験だけでちゃんと合格できたので過去問なしでも大丈夫です。1回目に模擬試験を解いたのが5/31で点数は42点…。毎日1つの模擬試験を2回解いていったのですが中々合格ラインに達しないので、あまり解けなかった分野については問題集に戻って集中的に解いて苦手をなくしていきました。パブロフ簿記ブログでは第三問の解き方動画が参考になりました。この動画のおかげで値の写し間違いなどケアレスミスが減ったと思います。そんなこんなで6/7に72点でようやく合格ラインを突破してほっとしたのを覚えています。

 

■反省点
* テキストをこなす時間が細切れになってしまった。一気に短期間でやり通すべき。
* テキストを完璧にしようと思わないほうがいい。少しくらい理解できなくてもさらっと飛ばして、後の問題演習期間で問題を解きながら覚えるほうがいいと思う。
* 問題演習と模擬試験期間が足りなかった…もっと日数をとるべきだった。
* 簿記に触れる時間を30分とか短時間でも毎日確保するべき!一日離れると簿記にとっつきにくくなってしまう。習慣づけが大事。

簿記

Posted by ishige8