カクリエを手帳として使ってみることにする

2018年3月27日

2018年の手帳として能率手帳のリスティというバーチカル型手帳を購入したのですが、全く使いこなせておりません( ノД`)
ということで、もっと自分に合った手帳に変えることにしました。

スポンサードリンク



手帳に欲しい要素

まず自分にとって、手帳に欲しい要素を考えました。

  1. 方眼であること!
  2. パタンと開く仕様であること(糸がかり製本)
  3. 書きやすい紙質であること
  4. 持ち運びやすい大きさ、重さであること
  5. フォーマットは月間カレンダーのみで、残りのページはメモがほどほどの量あること
ここ6年くらいほぼ日手帳(オリジナルのちweeks)を使っていて、とくにweeksはコンパクトなサイズ感でかなり気に入っていました。トモエリバーは薄いのに書きやすい紙質でいいですよね。
だからweeksで月間カレンダー+残り全部メモページverが一番ベストなんですけれど…。ほぼ日手帳を日付を無視して使用しているという人も中にはいるようで、試しに私もweeksの週間ページを無視して使ってみたのですが…どうも気持ちが悪いので、この方法は諦めることにしました((+_+))

フォーマットが決まっている手帳の問題点

手帳に欲しい要素5については、weeksを使っていて週間ページに収まらないくらいたくさん書きたい日もあるのに、週間ページに収めようとする意識が働いて、自由に書きたいことを書けてないのではと思ったからです。かといって一日1ページの手帳だと、そんなに書きたいことがない日は空白が目立ってしまって嫌だし…。
そこで、書く量も書く内容も自由!というバレットジャーナルをやってみようと思いました。
バレットジャーナルに使えそうなノートを探して行きついたのがカクリエというノート。HPには無料でダウンロードできる月間カレンダーなどのテンプレートが用意されていて、自分好みのノートにできるのです。
というわけでさっそく買ってきてカスタマイズしました。

カクリエプレミアムクロスをレビュー

買ったのはカクリエプレミアムクロスという商品。
大きさはほぼ日weeksを一回り大きくした感じですね。
ちょうどA4の3分の1の大きさです。
月間カレンダーを2018年12月まで貼りました。とてもシンプルなカレンダーです。
数字の色が土曜は青色、休日祝日は赤色になっていますが、祝日の名前や六曜、月の満ち欠けなどの情報は一切ありませんが、私はこれで十分です。
残りはメモページとして使います。
ふと頭に思い浮かんだこと、考えたこと、今日の出来事、ブログのネタなどなんでも書き込んでいきます。優しいクリーム色の方眼紙でとても書きやすいです。万年筆でも裏抜けしない紙質だそうです。
さて1週間使ってみて、7ページ消費しました。このペースで使っていくと3カ月後くらいにはもう1冊使い切ってしまいます。せっかく12月までカレンダー貼ったのに…(;’∀’)
…いやポジティブに考えると、もっと自分に合ったノートがないか探すことができるじゃないか!カクリエはほぼすべて欲しい要素をクリアしているのですが、もうちょっとサイズが小さいほうがいい気もするんですよね…。
ということで、カクリエを使い切ることができたら次はMDノートの新書サイズを使ってみます。
MDノートはテンプレートがついていないので、欲しいフォーマットがあれば自作するしかないことがネックなんですけれど頑張ってみようかな(;^_^A

未分類

Posted by ishige8